中華民国河北省古北口(こほっこう)国境警察隊勤 (警士)
セピア色のこれらの写真は母が母の実家へ送ってあったものです。写真の裏には鉛筆で昨年の・・・と記されたものが多く笑ってしまいました。写真を送ってから50年以上もたったある日母の実家から出てきたものです。
※写真で現在の写真または知っている方が居ましたらお知らせ願います。

大きな地図で見る
2-1_3_lb.jpg

2-1大閣鎮自宅前父とボク

大閣鎮自宅は満人からの借り上げ住宅、中の間仕切りは聞いていなくわからない、だが土間があったことは間違えない。

2-2_3_lb.jpg

2-2母とボク

次は母に抱かれて方向を変えて撮影した。家の周りは石で囲んであるらしい。

2-3_3_lb.jpg

2-3ボクの正装

写真を撮るためか何処かえ行くために外出着もととのえて
4輪車に乗ったポーズ。

2-4_3_lb.jpg

2-4満軍軍曹の息子(満人)

此処大閣鎮には満州国軍も駐屯していたらしい。名前は忘れたらしいがボクと同じ年なので、満人が気を配ってくれたらしい。

2-5_3_lb.jpg

2-5母とボク

大閣鎮らしいな?

2-6_3_lb.jpg

2-6安田・高木太太

古北口、王 影遊宅
左は安田きみさん
右は高木じずさん
抱いているのは道彦君
ボーイ二人は王さんの?

2-7_3_lb.jpg

2-7高木・安田さんの道彦

安田さんが新京から古北口へ遊びに来たとき冬らしいね、少し雪があります

2-8_3_lb.jpg

2-8王タイタイと高木・宮岸太太と清衛

昭和11年(康徳3年)秋
古北口、王 影遊宅で
左から、王 影遊奥さん
高木さん抱かれてるボク
(清衛)と母、和枝

2-9_3_lb.jpg

2-9満警の太太とボク

満人、警察官(警士)の太太(タイタイ)おくさんにお守りをしてもらってるボク。

2-10_3_lb.jpg

2-10満軍兵舎付近

古北口、宮崎道り南大門付近、満州国軍宿舎付近遠くに満軍兵士の姿がある。

2-11_3_lb.jpg

2-11赴任途中に聖徳に立ち寄る

湯子廟へ赴任途中、聖徳に寄り道をして観光したらしい?

2-12_3_lb.jpg

2-12大閣鎮トーチカ近く

満人も日本人も仲良く写真に納まる。満人警察官、ボーイ、同じ塀の中の住人。母もつたない満語で話してたらしい

2-13_3_lb.jpg

2-13芥子畑で

河北省は阿片の産地。故に芥子の花の畑が沢山あります。
阿片が日本軍の資金源とも言われていました。

2-14_3_lb.jpg

2-14湯子廟日系官舎前

湯子廟とあるが河北省?

ページの先頭へ