北陸満友会

「昭和20年8月の敗戦から満州などソ連連領地から引き揚げて68年になりました。寒い冬がやってくると凍てつく寒さを敗戦で経験しTあ私たちは忘れることができません。
この事実を少しでも後世に残したいと思い、この会を企画しました。

敗戦時、日本政府は満州などソ連軍占領地区に在住していた日本人を「棄民棄兵」しました。
満州の非業なしの記録が残っているのは開拓団27万人のうち7.8万人、青少年義勇軍が8万人のうち2万人、捕虜となった関東軍60万人のうち6万人は知られていますが、その他の85万人のうち16万人ほどが死亡しているとの推測です。その推測の中には、葬ってもらえなかった遺体は野ざらしのまま、歳月が過ぎるまま朽ち果て満州の大地になった人は約10万人と推測されます。
満州に生まれ満州で死亡した子供たちは日本の戸籍にも入らず大陸に朽ち果てたのです。。
せめて生きている私たち老満州子、朝鮮子はこの事実をわすれないように後世に引き継ぐ努力をいたしましょう。」

北陸満州友会 2013.12.19「満州引揚者の集い」資料

manyukai2013.12.19.pdf


北陸満友会からのお知らせとお願い  平成27年4月




今年は先の大戦の敗戦から70年になろうとしています、悲惨な戦争が無い時代があとどれだけ続くか、戦争を回避するための一助として「北陸満友会」は語り部活動を平成25年12月19日から11回行いました。

おかげさまで平成27年度は「石川県民大学校」の講座として「本多の森ホール」にて、定期的に「語り部」活動として取り組むことになりました。

70年前、ソ連軍侵攻地区の満州・朝鮮・樺太はアメリカ軍の原爆2発による死者、沖縄戦、東京大空襲より多い、約27万人が、悲惨な死に方をしています。

しかしそれらは、知らされていませんし、語り継がれてもいません。

日本民族が負った戦争の悲惨さを少しでも知ってもらうために語り継ぎたいのです。これが私達北陸満友会の「残されし者」の使命です。

戦争を子供の時に体験した我々も80歳以上です、実体験者のお話を聞いてもらいたいのです。

そして、語り部を継ぐ人たちを育成してゆきたいのです。

対象者は全ての人達です、まずは小・中学生と先生方及びPTAの方々です。

一方社会人の生涯教育として各町会・老人会・遺族会等についても少し知っている戦争時代を想い出し平和のありがたさに感謝して後世に伝えていく役目をはたしたいのです。

 皆様の住んでいる地域にも「語り部」として行きます、どうか北陸満友会の

「語り部」を活用して下さい。

  小・中学校の社会科教育等と生涯教育等にご参考頂ければ幸いです。

別紙に北陸満友会語り部の会日程表を添付しました。

北陸満友会 宮岸清衛

北陸満友会 会則


第1条(名称)
この会は北陸満友会と呼ぶ
第2条(事務局) この会の事務局は事務局長宅に置く
第3条(目的)

東旧満州地区等からの引き揚げ者の経験を後世に引き継ぐ会であること

第4条(組織)

旧満州地区等からの引き揚げ者等で会の目的に賛同する人で組織する 

1) 旧満州地区等からの引き揚げ者と子・孫縁戚者及び関心ある研究者
2) 北陸3県に在住している人
3)他県に在住している人でも希望により受け入れる

第5条(行事)

1)年1回以上北陸満友会を開催する。語り部を育成登録し必要に応じて語り部を行う。
2)語り部の「満州での逃亡生活状況」はHP //;k-amur.boy.jp の北陸満友会に登録する。(石川県立図書館の蔵書とする)

第6条(諸会議)

1)年1回以上北陸満友会総会を行う。
2)その他温泉・旧満州へ・長野記念館、舞鶴記念館等。

第7条(役員)

1)会長  1名、副会長1名を置く。「宮岸 清衛」「藤田 暁男」
2)顧問  発起人とする 「角 外吉・田中 栄次郎・小関昌司
小林信介(金沢大学准教授)」

3)幹事  (語り部メンバー)別紙
4)事務局  「南 修 」若干名

第8条(任期) 役員の任期は2年とする。ただし再任は妨げない
第9条(会費) この会の会費は、これを徴収しない、ただし会毎に募金を行う。
第10条(経費) この会の必要経費は、親睦会・募金等で賄う
第11条(監査) 幹事から選任する  亀田 勲、井澤 稔

(附則)この会は平成25年12月19日より施行する